危険!痩せない便秘薬ダイエット

2015y10m13d_182835239.jpg本当にお通じに困っていますか?薬によって無理やり排泄を促しても何も良いことはありません。

確かに、即効性がありますので、服用して数分から数時間すると便が排泄され体は軽くなりますが、悪魔でも、便で出た分だけ軽くなるだけです。

本当に便秘な方は、体内に溜まっていた排泄物が外に出たことにより、肌の調子が良くなるとか、下っ腹が引っ込むなどの効果が現れますが、通常にお通じがある人が便秘薬を常用すると、体の調子が良くなるよりむしろ体に不調をきたすようになります。

現在の便秘薬は、便意が緩やかにくると謳っているものが多いですが、人によっては激しい腹痛に襲われることもあります。

急激に襲ってくることもありますので、出勤途中のバスの中、授業中、家族での食事の最中など、すぐにトイレに行ける状況でなければ大変なことになります。

そして、激しい腹痛に慣れてしまうと、薬に慣れたのではなく、腸が傷んで、薬による痛みを感じなくなっていくのです。

これはものすごく恐ろしいことです。お通じが普通にあった人は異常になっていき、もともと便秘だった人はさらに悪化してしまいます。

ゆくゆくは薬なしでは便が出ないようになります。腸閉塞などの病気も引き起こします。さらに重症化すると、腸の機能が働かなくなり、人口肛門を付けなければならなくなります。良いことは何もありません。

ダイエットにもいい影響がある便秘解消にはダイエットティーがおすすめなんですよ。脂肪吸収を遅らせる余蘊お茶を飲みながら脂肪燃焼させる運動を行えばダイエット成功はすぐそこですね。


このブログ記事について

このページは、pocoが2014年3月 5日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘解消に腹部マッサージ」です。

次のブログ記事は「苦しい便秘の原因はひとそれぞれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ