便秘を治すには生活リズムや姿勢から

2015y10m13d_182802879.jpg多くの方が悩む便秘。以前は女性特有の症状だと考えられてきましたが、最近では男性にも便秘に悩む人は増えてきています。

便秘になる原因にはさまざまな要因がありますが、男女共通して便秘に悩む人にはある特徴がありますので、ご紹介しておきましょう。

まず生活リズムにおいて、便秘症状を訴え掛けるほとんどの人が、夜型が中心です。
夜型の生活リズムは、どうしてもホルモンバランスが乱れがちです。
また、深夜に食事をとることからも、便秘がおきやすいとされています。

仕事の関係上、どうしても夜型になってしまうという方は、食事のリズムを見直してみましょう。
夜型の生活リズムでも、食事をとるタイミングがきちんと整えて便秘を予防できます。

そのほかの要因として、便秘になる多くの方は長時間座っていることが多いようです。
長時間座っていることで、下半身の筋肉を使う機会が少なくなるため、便秘になりやすいとされています。

排便には、足裏の刺激が必要不可欠だと言われています。
歩行により、足裏や指にさまざまな刺激が入り、下半身の筋肉が動くことで腸が刺激され、排便が促されるので、
長時間座ることが多い方は、意識して立ったり歩いたりするようにしましょう。

便秘を改善するためには、まず生活リズムや姿勢から見直していくことが大切です。
便秘になりやすい要因を、ひとつひとつ取り除いていき、便秘しやすい状況を変えていきましょう。

このブログ記事について

このページは、pocoが2014年3月 5日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苦しい便秘の原因はひとそれぞれ」です。

次のブログ記事は「脂肪を燃やしたい?目的に合ったダイエットを選ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ